焼き物

焼き物について・・・

フードコーディネーター用語の基礎知識top

フードコーディネーターtop
>>>>>>>>> テーブルマナー> 焼き物

焼き物について

フードコーディネーター,焼き物,テーブルマナー焼物は台に乗せて出されることが多いため、台の物とも呼ばれている。
季節の魚貝類が主になっている。

骨のない焼き物は箸で切って口に運ぶ。懐紙を添えるとよい。
骨のある魚はまず上身を食べ、次に骨を箸で取り、皿の向こう側に置く。
下見は手前に少しずらすようにして食べる。

基本的に魚をひっくり返すような食べ方はしない。

日本料理のお酒  ⇒箸のマナー  ⇒刺身  ⇒吸い物  ⇒煮物   ⇒止椀
フードコーディネーター用語,テーブルマナーの一覧へ


フードコーディネーターになるには?

フードコーディネーターになるには、おおよそ3つの方法があります。

1.専門学校やスクール、通信講座で学ぶ
2.現役プロに弟子入りする
3.資格検定を受ける

各専門学校やスクール、通信講座の資料で確認してみて下さい。
下記ページは、無料で資料を送付してくれる学校、スクール、通信講座を紹介しています。

フードコーディネーター,資格,試験,検定,通信教育,スクール,学校,通信講座
今すぐ資料を集めてみてください。

フードコーディネーター用語の基礎知識について

これからフードコーディネーターを目指す方を対象に、食の基礎知識と食に関する充実したサイト様のリンクをまとめた入門用サイトです。フードコーディネーターの基本的な用語を4つの項目に分類、検索機能をつけて事典形式にまとめました。フードコーディネーターを目指す最初のステップの参考に、また資格試験や専門学校、スクールへのチャレンジと活用していただければ幸いです。

 

フードコーディネーターの用語をチェック! ©2006~

フードコーディネーターtop